法人化による節税対策とは?

アパマン経営には減価償却費という経費がありそれが節税対策につながる

ですが、アパマン経営には減価償却費という経費があります。
それが節税対策につながることは不動産賃貸業に詳しい人であれば、有名な話でしょう。
アパマン経営では他にも、借入金の利子や修繕費などが経費として認められ、節税を行うことが出来るのが魅力です。
自分の場合にはアパートは最初1棟や2棟持てば良いという考えでいました。
ところがアパマン経営でよく言われていることとして、1棟持つとすぐに2棟目が欲しくなるという定説には全く持って同感することになったのです。
こうして戸建賃貸などを含めて、複数棟現在では所有しています。
最初は個人で行っていたアパマン経営ですが、複数棟持つようになると当然、毎月の家賃収入もどんどん増加していきます。
それがうれしくもあり、メリットでもありアパマン経営の醍醐味でもあるのですが、それに乗じて税金の支払いも増加するものなのです。
すると税金をどのようにして節税するかという知恵を働かせなくてはなりません。
アパマン経営に限らず個人事業主の場合には、年収がある程度の額になると個人から法人へ移行したほうが、節税対策につながるといわれています。
様々な金額が言われていますが、アパマン経営の場合には家賃収入が1000万円を超えたあたりから、法人化するとよいという人もいれば、それ以上の金額になるまで待った方がよいという人もいます。

日本は累進課税であり、稼げば稼ぐほど税金の支払いも増えるアパマン経営には減価償却費という経費がありそれが節税対策につながるアパマン経営における節税対策を行っている